Tokyo Course Grained

バンクーバーで暮らすソフトウェアエンジニアの日記です

Nikki 2018/04/02 就活日記終わり

オファーレターにサインしたので就活終わりました。4/16から某ゲームのスタートアップで働く予定。 肩書は普通のソフトウェアエンジニアです。電話でオファーレター送るよ!って言われて2日待ってあくせくさせられたがサインしたので一安心。

ここで書いてた会社。 cgtokyo.hatenablog.com

マインドは完全にida10さん*1 の記事まんまでした。どこ行こっかな〜からの落ちまくり(といっても電話自体あんまかかってこなかったら4社くらい)、いや相手はプロなんだから付け焼き刃で勉強したりレジュメきれいにしてもって腹くくって受けまくりました。結局向こうが選ぶんだからね。

d.hatena.ne.jp

その会社は、たまたまlinkedinみた転職エージェントが声かけてきてパーフェクトにマッチしてたみたいな(80%くらいかな、、、ほどよい感じ)。linkedinはレジュメほど整備してないのによくみつけたなー。優秀。

どういう条件マッチしてたかは

  • (多分人が抜けるから)すぐ来て欲しい人を探してた→ 4/16から働ける
  • PHPのレガシーなシステムを動かしたまま Javaで内製化したい → 日本の前職で動かしながらの一部作り直しの経験あり
  • チームもこれから作る感じなので一人でいろいろできる人を探してる → テックリード(って名前じゃないが)的なポジションだったしgeneralist
  • Java で大規模サービスやったことある人 → 前職はでかめのサービス
  • クラウドってかAWSの経験→ 今の会社はAWS DevOpsポジション

ゲームインダストリー経験無し、英語も怪しい、永住権もない、、、みたいな人よく雇ったなーみたいな。しかも条件はちゃんとしてる。外国人だからアレみたいなのではなく普通のカナダ人に出してるのと同じくらいだし最初のこれくらいのレンジでっての最高の値。ただ円高だから日本円換算すると微妙に見えてしまうが、、、まあ裏がありそうですがそれは働いてみないと。

次weworkオフィスでただでさえ今のオフィスも残りがちだったのが悪化(weworkは24/7開いてるのだー) しそう。だって今のオフィス6時で日本の会社の8時台の静けさになるし家より全然コード書く環境なのだ。

話戻すが、一回目からオンサイトでそれもよかった。。。電話だとわからんからなー。 しかしマジでタイミングと運ですね…。

電話でよく聞かれたことも書かなきゃ、、、

*1:サンフランシスコのゲーム会社でデザインナーをしてる