Tokyo Course Grained

バンクーバーで暮らすソフトウェアエンジニアの日記です

バンクーバー, カナダでソフトウェアエンジニアとして就職する iwag流就活術 第1回

ワーホリor学生ビザor観光ビザでカナダに来たぞ!よし現地企業に就職するぞ! 就活は孤独でつらく険しい体験です。王道もありません。が私自身方法を編み出して実践しています。それについて何回かに分けて書いていきたいと思います。

Here I am for working holiday or with study permit or as a visitor. Okay. Gonna get a job at local canadian company! Basically, job hunting is a severe solitary challenging thing we can experience. There's no established way. But I figured out the way and I've been doing it every day. Now I gonna tell you it in this blog for a couple of times.

目次

  • はじめに
  • 不都合な事実
  • 敵を知る
  • 何になるか決める
  • 準備(技術編)
  • 準備(ネットワーキング)
  • 会社探し
  • 応募
  • 面接準備

はじめに

iwag流 job hunting 術は超がつくほど慎重です。石橋を叩いて渡る的なアレで時間がかかります。術としているのは北米での就活に関する本とかブログとか実際に話を聞いて編み出したものです。 就活は number game (数打つしかない)ですが、とは言え日々の努力で確率を上げていきましょう的なやつです。そんなバンクーバーに会社ないですからね…。

対象

自分と同じようなバックグラウンドの人を対象にしています。バンクーバーorカナダでジュニアではないポジションに就職したいという、日本で2,3年WEB開発の経験がある人です。まあ完全未経験みたいな人も役に立つ話はあると思います。

その前にお前誰よ、って話ですが、私は東京のWEB系の大企業に3年働いて3月にバンクーバーに来ました。専門学校に通いつつ就職を目指しています。そうです、まだ就職成功していないです!!なんで参考程度にしてください! でも誰かの役に立つかなと思って公開しました。

書かないこと

英語のカバーレターの書き方、履歴書の書き方については書きません。まあいっぱい記事とか本とかあるからね。。あ、でもちょっとしたいかも…(優柔不断)。

短期決戦的な戦術ではありません。ワーホリで来たんだけどあと2ヶ月で仕事見つけなきゃ><には効かないと思います。

ソフトウェアエンジニア、プログラマ向けでそれに特化したテクニックです。一般職の就活で重要であろうソフトスキルな話は扱いません、よくわからないし。


(準備中)