Tokyo Course Grained

カナダ西海岸ソフトウェアエンジニアのブログです

MadMax: 怒りのデスロードを見ました

素晴らしかった。自分はヒャッハーってならなくていい映画だったなーとしみじみ思いました。とにかく映像、アクションのアイディア、アイディアがすごかった。

www.youtube.com

いままで見たことないシーン・アクションしかなくて、しかもCGじゃない生々しい!!

そしてストーリーは教科書みたいにちゃんと整ってるし希望が持てるストーリーだもんなー、、奇跡みたいな映画だったなーと思うわけです。 それに比べてネットの企画や自分作ったりしてるもんはなんて普通なんだ…って思うわけです。*1

立川シネマシティの爆音上映にも行ったよ!でも耳が悪いのかあんまりわからなかったw まあそれまで見た中で一番大きいスクリーンだったのでよし。

で、そんなゲームをやりたいわけですが、車に体当りしたり銃撃でぶっこわしたり槍を投げたりとか(さすがに棒に乗るのはないとしても)できるゲームはないんですかね…。 Just Cause のチームが作ってるというMadMaxのゲームはトレーラーを見ていろいろ察した 初見時は音楽はいまいち乗れないなーって思ったんですがApple Music に来てたのでカーチェイス中の音楽(brother in arms, spickey cars(訳すとトゲトゲ車って))を何度も聴いてたらかなりハマってる気がしました。

ちなみに推しメンは人喰い男爵(原語:people eater)です。

*1:最近のアクションってゲームで見たな、、とか多いわけで、インセプションの最後の雪山のとこのMW2感とか、ミッションインポッシブルの新作の予告あったけど飛行機に捕まるのとかこれセインツロウで見たわ〜って思った。